サーバー

wordpress を簡単にインストールして運用できる神サーバー「mixhost」

mixhost

WordPressを使っていくときには基本的にはサーバーをレンタルする必要がある。

そのレンタルするサーバーの能力により、Wordpressの表示速度などが大きく変化するので

サーバー選びには慎重になってもらいたい。

ここでは一押しの「MixHost」を紹介していく。

このMixhostがどうしていいのかはこの記事で書いている。

>>>【2017.6更新】WordPressを最適に運営する5つの条件を27サーバーで比較

 

なので、ここではmixhostについて紹介していくことにする。

mixhost

おとくなポイントとしては初期費用が無料!

そして、試用期間がなんと30日間あるということだ!

 

この試用期間でちょっとしたお得な裏技が使えるのだ!

試用期間のときにプランを選択できるのだが、どのプランを選択しても、支払のときに改めてプランを選択することになる。

 

なので、どうせなら試用期間はビジネスクラスで申し込んじゃえばいいんじゃない?

っていうこと。

本当に必要ならそのままプランを継続したらいいし、それほど必要じゃないと思ったら試用期間で使っていたプランより下のプランを選択して申込みすれば良い。

そして、cPanelが使って色々なプログラムを簡単にインストールできる。

WordPressはもちろんだが、他にも100以上の無料プログラムを簡単にインストールすることが可能。

ただ、メモリが少し少ないのが気になるが、それをカバーできる方法が用意されている。

HTMLサイトであればそこまでメモリーも使わなくてもいいけど、Wordpressの場合メモリーを消費する。

そこでこのサーバーが用意しているのがこの方法。

WordPressでLiteSpeed Cacheを使用して高速化する方法

mixhostでは、LiteSpeed CacheをはじめとするWordPress高速化機能をご利用いただけます。

この方法を使うと、通常の計算でいくとエコノミーの性能では考えられないほど高速表示が可能になる。

エックスサーバーX10と同じくらいの性能をエコノミーで発揮してくれている。

 

それと転送量、基本的には「無制限」になっています。

あまりにも一気に転送量がある場合は規制がはいりますが、ゆるーく、でもアクセスが発生して転送量が増え続けているなら問題ないのも嬉しい。

関連記事

  1. mixhostサーバーでファイルアップロード上限を変更する方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP